【図解】ルーレットのインサイドベットの賭け方・狙い方

ルーレットの賭け方は大きく分けると2種類。インサイドベットとアウトサイドベットの2つです。

インサイドベットとは、出目の数字(0 ~ 36)に直接べットする賭け方です。

ルーレットのインサイドベット
インサイドベット

アウトサイドベットは赤黒やハイローなど、べットテーブルの外側にチップを置いてべットする賭け方です。

ルーレットのアウトサイドベット
アウトサイドベット

この2種類のどちらがオススメかといえば、圧倒的にインサイドベット。

ライブルーレットでやるインサイドベットは、長期的に見て収支をプラスに出来るからです。

ということでこのページでは、インサイドベットの賭け方と勝つための実戦的な狙い方についてまとめてみます。

各インサイドベットの賭け方と配当

インサイドベットにはいくつか種類があります。

  • ストレートアップ(Straight Up)1点賭け 36倍
  • スプリット(Split)2点賭け 18倍
  • ストリート(Street)3点賭け 12倍
  • コーナー(Corner)4点賭け 9倍
  • フォーナンバー(Four Number)4点賭け 9倍
  • ダブルストリート(W-Street)6点賭け 6倍

実際に使うのは2,3種類ですが、念の為すべて理解しておくのがおすすめです。

順番に見ていきます。

ストレートアップの賭け方・配当

インサイドベットの代表格、ストレートアップ。チップ1枚で数字1つに賭けます。

チップは、各数字の四角枠(正方形)の真ん中に置けばOKです。

0 ~ 36 の数字の1つに賭けて、実際にその出目が来たらアタリ。配当は36倍ですので、たとえば1㌦べットなら36㌦の払戻しで+35㌦の利益になります。

当たる確率の理論値は 1/37 = 2.70% と低いですが、当たればデカイです。

ストレートアップで36㌦賭けて当たった記念スクショ

↑このときは、5つの数字にストレートアップで36㌦ずつ計180㌦賭けて運良く当たってくれました。一発で1,152㌦の配当、利益は972㌦でした🤩

ストレートアップは1つの数字だけに賭けてもいいですし、複数の数字に賭けるのもOKです。

たとえばこんな感じです。↓

2,17,21,25,34 の5点にストレートアップでべット

ストレートアップを使って1㌦チップで5箇所に賭けています。当たれば配当は36㌦で、利益は+31㌦(=36 – 5)となります。

ストレートアップで合計9点にべット

この例↑では、合計9点の数字にストレートアップで賭けています。1㌦チップですのでアタリなら36㌦の配当で、+27㌦(=36 – 9)の利益となります。

14点にストレートアップでべット(傾斜アリ)

また、上のように数字ごとにストレートアップのベット額に変化をつけるのもアリです。

この例では全部で14点に賭けていますが、3 12 26 35 の4点だけ2㌦べット。この4つのどれかが出れば配当は72㌦で利益は+54㌦、それ以外の10点に来れば配当は36㌦で利益は+18㌦となります。

結果は 18 で 36㌦の払戻しでした。↓

ストレートアップがHITで36倍の払戻し

厚く張ったところに来なくて残念😅

ちなみに、ライブルーレットを攻略するうえで最もよく使うのがストレートアップです。

ライブルーレットではネイバーべットを多用するのですが、ネイバーべットのベット種類はストレートアップだからです。

スプリットべットの賭け方・配当

1 と 4 にスプリットベット

スプリットを使えば、隣り合う2つの数字にチップ1枚でべットできます。

チップは、賭けたい2つの数字のあいだの線上に置けばOK。スプリット(Split)という英語は「割れ目」とか「分割」という意味なので、イメージしやすいかと思います。

賭けた2つの数字のどちらかが出ればアタリで、配当は18倍です。

当たる確率の理論値は 2/37 = 5.41% 。ストレートアップの2倍ですが、そんなに簡単には当たりません。

ですので、基本的には複数点賭けで使うことになります。

10個の出目をスプリットでカバー

上の例では置いたチップは5枚ですが、10個の数字に賭けています。

1 4 14 17 16 19 28 30 31 33 のうち、何かしらが来ればアタリ。18㌦(=1㌦×18倍)の払戻しで、18 – 5 = +13㌦の利益となります。

3回目のトライでようやくHIT🤣 配当は18倍

ちなみに、「1㌦チップで5箇所にスプリットべット」と「0.5㌦チップで10箇所にストレートアップ」は同じことです。

べットの制限時間はけっこうシビアですから、素早く賭けるにはチップが少なくて済むスプリットべットは便利です。

ストリートべットの賭け方・配当

1枚のチップで 16 17 18 の3つにべット

次はストリート(Street)。縦方向に隣り合う3つの数字にチップ1枚でべットできます。

チップは、縦並びの数字3つの一番下の線上に置けばOK。

賭けた3つの数字のどれか1つが来ればアタリで、配当は12倍です。

当たる確率は 3/37 = 8.11% です。ストレートアップやスプリットよりは当たりやすいのは確かですが、それでも低確率なのは変わりません。

ということで、ストリートベットも基本的に複数箇所にチップを置いて使うことになります。

6つのチップで18点をカバー

↑この例では、6箇所にストリートベットで賭けています。

カバーしている数字は 6 × 3 = 18箇所なので、ほぼ1/2の確率で当たります。

1回目のチャレンジでHIT

配当は12㌦(=1㌦ × 12)で、利益は6㌦(=12㌦- 6㌦)となりました↑

「ハイナンバー」とか「ローナンバー」はザックリしすぎているので、もう少しピンポイントで数字を狙いたいときにストリートベットは便利です。

コーナーべットの賭け方・配当

チップ1つで 10 11 13 14 の4点にべット

コーナーベットは、上図のような4点をチップ1枚でカバーできる賭け方です。

2本の線がクロスするところにチップを置けばOKです。
5 8 11 14 17 20 23 26 29 32 の角(頂点)のところですね。

当たる確率は 4/37 = 10.81% で、配当は9倍です。1箇所のみのべットでは低確率ですが、チップ数枚で広い範囲をカバーできます。

チップ4枚で16点をカバー

↑この例では、4箇所にコーナーべットで賭けています。

1㌦× 9倍 = 9㌦の配当、5㌦の利益

ストレートアップやスプリットべットに比べて爆発力に欠けますが、広い範囲をカバーできるので使い勝手がよいです。

ストレートアップと組み合わせて使えば、保険をかけつつ爆益を狙うこともできます(詳しくは後述)。

ダブルストリートべットの賭け方・配当

チップ3枚で15点をカバー。※ 3点被り

ダブルストリートはその名の通り、2つの隣り合うストリートにチップ1枚で賭けるべット方法です。

賭けたい6つの数字の真ん中を通る縦線と一番下のラインの交点にチップを置けばOKです。上の画像を見た方が分かりやすいですね😅

当たる確率は 6/37 = 16.22% で、6倍の払戻しです。

1㌦×6= 6㌦の配当

インサイドベットの中ではカバーする範囲が最も広く、当たりやすいです。

被らないようにチップを置いた場合、チップ1箇所ならだいたい 1/6 の確率で、2箇所なら 1/3 、3箇所なら 1/2 、4箇所なら 2/3、5箇所なら 5/6 の確率でアタリます。

「ストレートアップなどの爆発力のあるべットで利益を狙いつつ、Wストリートべットで保険をかけておく」のような使い方もできます。

ただ、5箇所とか賭けてしまうと「オポジットべット」とみなされてしまうリスクがあります。

オポジットべットとは例えば、赤と黒の両方に賭けるとかストレートアップで35点に賭けるとか、当たる確率が極端に高い賭け方のことです。

オンカジサイトではボーナスの濫用を防ぐために、こういう賭け方を禁止しているところが多いです。

Wストリートべットで高勝率の手法をやりたいときは、事前にオンカジサイトに確認してからのほうが安全です。

フォーナンバーの賭け方・配当

最後は、ちょっと特殊な賭け方。1つのチップで、0 1 2 3 の4つにべットするフォーナンバーべットです。

当たる確率は 4/37 = 10.81% で、配当は9倍です。コーナーベットと同じですね。

正直、あんまり使わないと思います。

使うとすれば、312 ← 8 ← 9 みたいな出目履歴のように、「ローナンバーのツラ」かつ「0 周辺に集まってきた」という場面です。

ローナンバーが来たら嬉しいけど、0 が来たら困る。

0 をカバーするにはストレートアップやスプリットなどでも良いのですが、それだと他のべット箇所とのバランスが崩れてしまう。

そんな場面で、フォーナンバーべットは使いやすいかもしれません。超限定的ですね🤣

インサイドベットの実戦での狙い方

つぎに、実際のライブルーレットでインサイドベットはどのように使うのか?

インサイドベットで賭けるタイミング・狙い方について書いていきます。

ツラ切りではなく、ツラ追いしよう

まず大前提として、インサイドベットでもツラ追い思考がかなり重要になります。

「ツラ」とは、同じ結果が連続することを意味するギャンブル用語です。

12183181412

たとえば、上のような出目履歴があったとします。

が続いているので「のツラ」だとすぐに分かりますよね。

この出目を見たときの考え方には2種類あります。ツラ追い思考ツラ切り思考です。

ツラ追い思考のプレイヤーは、現に発生しているツラが続くと仮定して賭けます。だからにべット。

ツラ切り思考のプレイヤーは、「流石にそろそろ黒が出るはず」とツラが切れることを予想してべットします。つまり黒に賭けます。

黒べットをするとして、か黒かはいつでも確率1/2なので理論上はどちらでも収支は変わりません。

でも、実際には両者の収支は雲泥の差が出てきます。

これは、

  • ツラ切り思考 → ツラが切れるまで負け続ける。
    累積損失を1回で取り戻そうとして、マーチンゲール法を使いがち。ベット額は無限に上げることは出来ないので、いつか資金がゼロになる。
  • ツラ追い思考 → ツラが切れるまで勝ち続ける。
    勝つたびにべット額を上げる「パーレー法」を使えば、さらに利益が増える。

という理由からです。

数字に直接賭けるインサイドベットでも、「全然来てないから、そろそろ◯◯が来るはず」というツラ切り思考は禁物です。

12183181412

さきほどの出目履歴ですが、これを見たときに「そろそろ黒が来る。しかもハイナンバーが出てないから、そろそろハイがくるはず。」と考えるのがツラ切り思考。

逆にツラ追い思考では、「ローのツラだな。しかもよく見ると10番台ばっかり。」と考えます。なので次は「ロー9点」か、さらに攻めるなら「10番台5点」で少点数賭けします。

運良くHITしたら、次もリピート。ツラが切れて外れるまで賭け続けます。

黒などのアウトサイドベットに比べてインサイドベットは配当が大きいので、ツラ追いべットが決まったときの爆発力はすごいです。

上は、ローのツラ追いべットが成功したときのツイートです。

「まさか次も来るとかは無いと思うけど、リピートボタンをポチッとな」

で、利益が増えます。しかもそのべット額は前回の勝ち分の範囲内なので、メンタル的にも優しいです。アウトサイドベットのパーレー法より全然楽ちん。

インサイドベットで稼ぎたいなら、ぜったいツラ追い思考でやりましょう。

出目自体のツラ追い

ここからは具体的な賭け方・狙い方についてです。まずは、「出目自体のツラ追い」からです。

speed roulette の出目履歴

上の出目履歴のうち、明るくハイライトされた部分を見てください。

28 ← 24 ← 20 ← 35 ← 29 ← 2 ← 35 ← 10 ← 35 ← 13 ← 26 ← 33

結果的に黒が12連続していますが、けっこう早い段階からツラ乗りべットが出来て利益が出せます。

まず、35 ← 13 ← 26 の部分で「黒ハイ⇔黒ロー」のテレコが出現しています。
(テレコ:逆の結果が交互にくる現象のこと)

これに気付ければ、35 の次に黒ローにべットできます。

ストレートアップで 2, 4, 6, 8, 10, 11, 13, 15, 17 の9点に賭ければOKです。1㌦チップで賭けた場合、当たれば36㌦の配当で+27㌦の利益となります。

35 の次は 10 が来てHIT。ツラ(テレコ)が続行しているので、次もべットです。黒ハイの9点にストレートアップですね。

次も 35 が来てHITでした。結局、賭け始めてから4回テレコが続いて、黒ハイが2回続いたところでテレコが切れました。

35 29 2 35 10 ← 35 ← 13 ← 26

青下線のところがアタリ、赤下線のところがハズレです。

最後の 35 のところででハズレて、「テレコに乗る」というベット根拠が無くなったので一連の賭けは終了となります。

4連勝後に1敗していますが、十分な利益が出ます。1㌦チップなら、

27㌦ × 4 – 9㌦ = +99㌦

の利益です。

さらにこのあと、20 ← 35 ← 29 と黒ハイが3連続しました。黒ハイのツラに乗るチャンスです。黒ハイ9点にストレートアップで仕掛けます。

このあとは 21 28 24 ← 20 ← 35 ← 29 という出目で、2勝1敗で一連のべットが終了です。27㌦ × 2回 – 9㌦ = +45㌦ となります。

こんな感じで、出目履歴をジッと観察しているとツラが見つかります。そのときは、「ツラが伸びる」「テレコが続く」という仮定をしてツラ追い思考でべットしていきます。

ちなみに上で載せた出目履歴の範囲内には、他にも次のようなツラやテレコがありました。

黒ローのツラ(2勝1敗)
赤ハイ⇔赤ローのテレコ(2勝1敗)

出目自体のツラ・テレコには、他にも

  • 1ケタのツラ(0 1 2 3 … 9)
  • 3rdダズンのツラ(25 ~ 36)
  • 10番台・20番台・30番台のツラ
  • Odd / Even(偶数奇数)のツラ

など、色々と考えられます。

ツラを見つけたら積極的にインサイドベットで賭けていきましょう。

ウィール上の位置のツラ追い

ここまでは出目自体のツラ追いについてのお話でしたが、次は「出目のウィール上の位置」のツラ追いです。

ルーレットのウィール

ウィール(=wheel ホイール)は、ルーレットで回ってるコレですね。↑

出目の数字自体ではなく「出目のウィール上の位置」を観察していると、その中にツラやテレコ、偏りが見つかることも多いです。

ウィール半分のツラ・テレコ

たとえば、先ほどと同じ出目履歴ですが、黄色枠の部分をご覧ください。↓

この部分だけをウィール上にマークしてみると、下のようになります。

ウィールの右上ゾーンに出目が集中していることが分かります。厳密にはツラではなく「偏り」ですが、早い段階でコレに気付ければ利益が出せます。

右上ゾーン9点(32, 15, 19, 4, 21, 2, 25, 17, 34)のストレートアップでべットですね。

また、下図のように 0 を除いてウィールを左右に二等分すると、違うツラが見えてきます。↓

東=右半分 西=左半分(勝手にこう呼んでいます)

8回連続でウィール右半分の出目となってますよね。

この視点を持っていると、出目が 10 ← 3421 と来たときに

右上ゾーンのツラは続かなかったか~。

あ、でも右半分のツラは狙えるか!

と気づくことができます。

ウィール右半分をカバーする18点にべットすれば、1㌦チップなら1回のベットで18㌦(=1㌦× 36 – 18㌦)の利益が出ます。

ウィール右半分のツラは8連続したので、5勝1敗。18㌦× 5回 – 18㌦× 1回 = 72㌦のトータル利益となります。

同じように、ウィールの上半分・下半分に注目してもツラやテレコが見つかります。

北=上半分 南=下半分
※ これまでと同一の出目履歴です

黄色枠の出目を見て、ウィール上の位置を確認してみてください。

出目とその移動の様子をウィール上にマークすると、下のようになります。↓

上半分⇔下半分のテレコになっているのが分かります。

テレコに気づいたときから賭け始めれば、5連勝(最後に1敗)でガッツリ利益が出せます。

このようにウィールを半分に分けて「ツラやテレコは出てないか?」と観察していると、ツラ追いチャンスがさらに広がります。

黒やハイローはディーラーにとってコントロール不能なので、プレイヤーにとっても予測不能。だから、当たる確率はいつでも約1/2です。

一方、「ウィールの上半分に止めよう」「ウィールの右半分に止めよう」というのは、ディーラーはコントロールできます。

ということは完全にランダムではないということ。ディーラーの意図を推測できれば、「次の出目はどこらへんか?」が予測できます。

予測が少しでも当たれば、確率は1/2から少しだけ改善されます。この少しの差が長期的な利益に結びつくわけです。

で、ディーラーの意図(狙い)を読むには、出目のウィール上の位置を把握しながら「不自然さ」を見つけることです。

これ、ディーラー狙ってんなぁ

と感じるときは、勝率が高いです(あくまでも主観ですが)。

こんな感じで、出目のウィール上の位置に着目してディーラーの意図・癖を見抜くことが出来れば、ライブルーレットの収支の期待値はプラスになるはずです。

実際、僕はこの手法をメインにしてここまでプラス収支で来ています。

ということで、利益を出すためにとっても大事な「ウィール上の位置のツラ追い」。引き続き、他のパターンもいくつか見ていきます。

ウィール4等分ゾーンのツラ・テレコ

さっきはウィールを半分にしましたが、今度は4つに分けます。0 を除いた部分を下のように4等分します。↓

右上から時計回りに① ② ③ ④

さきほどと同じ出目履歴を4ゾーンに当てはめて観察してみると、色々と気づくところがあります。↓

②ゾーン(右下ゾーン)が4連続

このあとも、連続はしてないものの②ゾーンが頻発しています。↓

9回中、7回が②ゾーン

ツラだけではなく、テレコもあります。↓

①ゾーン⇔②ゾーンのテレコ
①ゾーン⇔③ゾーンのテレコ

ツラやテレコだけでなく、規則性のあるパターンが現れるときもあります。↓

①①←③③←④④←①①←④←③③←④④

黄色枠の部分では、「同じゾーンが2回続いて、別のゾーンに移動してそこでも2回続いて、移動して・・・」というパターンが継続しています(例外は1箇所)。

これもある意味ツラなので、ツラ追い思考のプレイヤーなら利益を出すことができるはずです。

このように、ウィールを4分割して出目履歴を観察していると、べットチャンスは意外に多くあることに気づくと思います。

でも、出目履歴を見てパッと4つのゾーンに当てはめるのは結構大変です。

なので、僕はエクセルで視覚的に分かるようにしています。↓

下段のカラフルな表が、各出目の4ゾーンを表しています。

出目を入力すると自動でこの表が出力されるようになっているので、4ゾーンのツラや偏りはこの表を眺めるだけです。

他にもウィール半分の履歴がグラフになっていたり、出目の移動の仕方が一目で分かったりします。↓

noteで公開中ですので、ぜひチェックしてみてください。ちなみにツールの名前は「エボハッカー」です🤣

参考 ルーレット攻略ツール『エボハッカー』note

最後に、4ゾーンツラ追いの賭け方についてです。

各ゾーンの出目は9つなので、ストレートアップ9点賭けが基本になります。

9点賭けは1㌦チップなら27㌦の利益が出るので、4回に1回以上当てれば収支はプラス。

うまくツラ追いが決まれば、一瞬で利益が乗ります。そして勝ち逃げができます。

逆になかなかツラ乗りできず連敗が続いても、そこまでのダメージは負いません。18点賭けとか27点賭けに比べると、ダメージは全然軽いです。

なので、僕のライブルーレット実践では9点賭けが主戦力になっています。

近いところ狙い撃ちべット

「近いところ」というのは、ウィール上での位置が近いということです。

いまの出目が前回出目とウィール上で2つ隣以内だったら、「近いところ」認定します。

「ディーラーはここらへんの出目を集中させがちなのかも」という仮定を置いて、積極的に少点数賭けでしかけます。

たとえば、これまでと同じ出目履歴の一番最初を見てください。↓

17 と 25 は隣どうし

25 ← 17 とウィール上で近いところ(1つ隣)が続きました。

これを見たときに、「ここらへんの出目は近くに来やすいのかも?」と想定します。

ということで、上のエリアの出目がきたらとりあえず近いところに賭けます。

僕の場合、ネイバー2点(計5点)又は3点(計7点)と、ネイバー4点(計9点)を重ね賭けしたりします。

2つ隣以内に来たらガッツリ利益、来なくても4つ以内なら普通に利益、という感じです。

今回の結果は、次のようになりました。白文字の数字は、出目間のウィール上の距離を表しています。

かなりの高確率でHITしました。

もちろん、ディーラーによっては全然機能しないこともありますので、そのときは早めに見切りをつけないとキケンです。

近いとこ狙い撃ちべットについては、僕が運営メンバーを務めるオンカジ必勝.comに記事を投稿しています。詳しくはそちらを読んでみてください。

5㌦チップでネイバー2点が決まると、一撃で180㌦の配当・155㌦の利益です。

ぜひ試してみてください。

参考 【ライブルーレット攻略法】近いゾーンが続くオイシイ出目を逃すな!オンカジ必勝.com

今の出目の前回出現時の次の出目を参考にべット

「5 が来たな。」

「ん、そういえばさっきも 5 が来たな。さっき来たときは、5 の次の出目なんだっけ?」

と出目履歴を確認することってありませんか?

あると思います(断言w)。

「今の出目の前回出現時の次の出目」とはややこしい言い回しですが、つまりこういうこと↑ です。

出目履歴の黄色枠の部分を見てください。↓

27072707

のように、きれいに並んでいます。

ここまで揃う前の

72707

この時点で「ん?」と気づきます。前回は 7 の次は 0 だったから、次も 0 狙ってくるかも!?と。

結果的にこのあと2回、前回と同じルートをたどりました。少点数賭けで厚く張っていれば、爆益の出目履歴です。

この例は出来すぎですが、今の出目が前回出たときと同じルートを進むことは結構あります。

つぎに同じ出目は出なくても、ウィール上の近い位置に来たり。

この現象が起こる理由ですが、1つ目は「ディーラーが狙っている」ということです。

2つ目は、狙っていなくてもディーラーの投球動作やウィールの回転速度などの条件が揃った結果、次の出目が近いところに行った、というものです。

いずれにせよ、同じ出目が複数回出たときは、前回の出目履歴を確認するとべット根拠になることが多いです。

ちなみに、「いまの出目の前回出現時の次の出目」を自動で表示するツールを作ってみました。

いまのところ無料でダウンロードできます。スマホでも使えます。↓

オカルト出目狙い

  • 3連続出目
    6 ← 6 ← 6 など
  • 階段出目
    29 ← 28 ← 27 や 3 ← 4 ← 5 など
  • テレコ出目
    8 ← 26 ← 8 ← 28 など

など、オカルトっぽい出目がオカルト出目です。

オカルト出目成立リーチのときは、その成立出目とその近くにべットします。

たとえば、6 ← 6 ときたら3連続リーチなので、「6とネイバー2点にべット」など賭けます。

今回の出目履歴でも、何回かチャンスがありました。↓

オカルト出目リーチのところ

ちょっとパッとしませんが、それでも2回取れてます。

(10) ← 9 ← 8

の階段出目リーチのところで、10 とネイバー2点でべット。→ 結果は 24 でHIT。

つぎは、

(4) ← 10 ← 4 ← 10

のテレコ出目リーチです。4 と ネイバー2点でべット。→ 結果は 15 でHIT。

という感じです。

オカルト出目は、ディーラーによっては成立させようとして狙ってくるケースもあるように感じているので、ディーラーの様子や出目履歴を見ながらべットしています。

オンカジ必勝.comの方でも、オカルト出目について記事にしています。ご興味あれば読んでみてください。↓

参考 【ライブルーレット】一発で爆益GETできるオカルト出目を狙おうオンカジ必勝.com

まとめ:インサイドベットで稼ごう

以上、インサイドベットの賭け方とその狙い方でした。

基本的にカジノのゲームは全て、収支の期待値がマイナスです。だから、長くやればやるほど損失が増えていきます。

でも、いくつかの例外があると僕は考えています。収支の期待値をプラスに出来るゲームがある、ということです。

その1つが、ライブルーレットのインサイドベット。

ディーラーの意図を読んだり、ディーラーの投球動作を根拠にしたり、当たる確率を上げることが可能だからです。

▼ ご参考 ▼

ということで、ライブルーレットのインサイドベット、一緒に極めていきましょう!💪🏼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です