オンカジ実践記15 8月は大幅マイナスで終了!

どうもこんにちはなっとーです。

15回目のオンラインカジノ実践記、今回も月単位での更新となりました。2020年8月分です。

オンカジ実践記のルール
  • ルーレットだけやる
  • BETは$0.5単位が基本
  • 原則フラットベット
  • 利確:+$100 損切り:-$150(1日あたり)

前回までのオンカジ実践記

2020年4月からオンカジを始めて今月で5ヶ月目です。先月までのオンカジ収支は以下の通りです。↓

  • 4月 -$321
  • 5月 +$811
  • 6月 +$1,004
  • 7月 +$512

ここまで3ヶ月連続でプラス収支できています。8月もこの調子で行きたいところでしたが。。。

8月は負け続きでした!!

序盤から負けが続きました。

いや、「負け続きでした!!」と元気よく言うのもおかしいのですが、本当に勝てませんでした。

で、お盆休みに入るころから仕事とプライベートでゴタゴタバタバタが続き、実践もほとんど出来ず。

結果的に序盤の連敗額を取り返すことなく月末を迎えてしまった、という感じです。

連敗の最中、手法をあれこれ変えてみたりメンタルもブレブレだったので、実践しても勝てなかった可能性大です。なので、実践回数が少なかったのはむしろ良かったのかもしれません。

というわけで8月の日ごとの実践結果は以下の通りです(クリックして表示)。↓

日付損益累計損益
8/1-$144.41-$144.41
8/2-$1.87-$146.28
8/3$60.63-$85.39
8/4$89.39$3.74
8/5-$150-$146.26
8/6-$150.00-$296.26
8/7$160.27-$135.99
8/8-357.87-$493.86
8/9休み-$493.86
8/10-$150.00-$643.86
8/11$2.50-$641.36
8/12休み-$641.36
8/13-$8.00-$649.36
8/14-$43.50-$692.86
8/15-$24.50-$717.36
8/16休み-$717.36
8/17休み-$717.36
8/18-$98.50-$815.86
8/19休み-$815.86
8/20休み-$815.86
8/21休み-$815.86
8/22休み-$815.86
8/23休み-$815.86
8/24休み-$815.86
8/25休み-$815.86
8/26休み-$815.86
8/27休み-$815.86
8/28-$60.00-$875.86
8/29休み-$875.86
8/30休み-$875.86
8/31休み-$875.86

初日から損切りを食らい、3日間かけてプラマイゼロに戻したのですが、その後2日連続で損切り。

その後手法をガラッと変えてそれが上手くいったのが8/7の +$160.27 でした。

しかしその翌日の8/8に、-$357.87 という損切り額を超えた損失を出してしまいました。

普段は10Betでやっていたのですがその日はカジノシークレットで実践していて、出金条件(入金額の5倍額をBET)を満たしていなかったので勝ち分を出金出来ずにいたのです。

それでそのままロスカットまで行ってしまいました。

やはり、損切り額以上の資金をオンカジに入れておくのは危険ですね。理性が働いて -$150 の時点で終了できると思っていたのですが、全然無理でしたw

ポピンまで一直線でした。。

今月の各日の損益をグラフ化したものが下図です。グラフ化するまでもないかw

8月の反省点

今月の反省点はこの3つだ!

  • ミスベットによる損失をその場で取り返そうとした。
  • 損切り額以上を入金していた。
  • 手法をコロコロ変えた。そして悩んだ。

いつもの20倍の単位でBET、そしてハズレる

来そうな数字の左右4点、合計9点に賭けるベットはいつもやるのですが、普段は$0.5単位で合計$4.5です。増やしても$1.0単位で$9.0ベット。

しかしその日は間違えて$10単位でベットしてしまったのです。合計$90の賭けとなり、祈りましたがハズレ。

そこで損切りラインを超えたのですが、イラッとしてアツくなり続行。単位を上げて取り返そうとしましたが、そのままポピンしてしまいました。

ルーレットを長くやっていればこういうミスはたまに有りますよね。

ミスしたときの対処法がまずかったです。正解はグッとこらえてログアウトでした。

次ミスベットしたときは気をつけます。

損切り額以上の資金がオンカジに入っていた

ふだん入金するのは1日の損切り額である$150だけです。

で、利益が出たら、利益だけ出金して$150に戻して翌日再スタートという感じです(損失でたら入金して$150に戻す)。

これが効率良く出来るのは、出金条件がゆるくて出金速度が早いオンカジサイトです。僕が使っているのは10Betです。

これを徹底すると、損切りラインを自動的に守ることが出来るので、メンタルが弱い僕にはちょうどよい方法です。

がしかし。損切り額を超える損失を出してしまった8/8は、いつもの10BETではなくカジノシークレットでやっていました。

カジノシークレットの出金条件は厳しく、入金額の5倍ベットです。

だから、利益が出たからといってすぐに出金できるわけではありません。

その日はプラマイゼロ付近でモミモミしていたのですが、そのタイミングで上で書いたミスベットによる損失-$90が発生。

冷静さを失い、損切り額である-$150を超えても続行してしまいました。しかも一気に取り戻そうとして単位上げて。

結果、ポピン。

理性で損切りラインを守るのはやはり無理でした。やる前はなぞの自信があったのですがw

反省点としては、-$90のミスベットの前の時点で出金条件(5倍ベット)をクリアしていたので、その時点で$150残して出金していれば最悪の事態は防げました。

常に最悪の事態を想定して、そうならないための対策を考えておくのが大切です。って先輩方が言ってました!

手法を変えるのは慎重に

普段から場面に応じて色んな手法を使えるなら話は別なんです。

いつも決まった1つの手法を使っているくせに、調子が悪くなると別の手法に移ってしまうのはあまり良くないなぁと身を持って実感しました。

なんでかというと、メンタルがブレるからです。

しっかりとした検証もせずに別の手法に浮気するくらいなら、調子悪い時期は実践をお休みしておくのが無難です。1日でもいいし、1週間でもいいし。

次に不調の波が訪れたら、まずは数日あいだを開けようと思います。

まとめ

8月は「大敗」と言えるくらい負けがこみました。が、不思議とそこまで悔しくはありません。プライベートでの問題が大きすぎて、オンカジの損失が霞んでみえたからですw

来月はもうちょっと頑張りたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です