オンカジ実践記16 「基本的にハズレる」という心積もりが吉

なっとー
なっとー

久しぶりに1日単位のオンカジ実践記です!

今日から9月、ということで心機一転、毎日実践記が更新できるかチャレンジです!

9月1日のオンカジ実践記です。

オンカジ実践記のルール
  • ルーレットだけやる
  • BETは$0.5単位が基本
  • 原則フラットベット
  • 利確:+$100 損切り:-$150(1日あたり)

前回までのオンカジ実践記

2020年4月からオンカジ(=ライブルーレット)を始めて、8月まで終えました。月ごとの収支はこんな感じです。↓

  • 4月 -$321
  • 5月 +$811
  • 6月 +$1,004
  • 7月 +$512
  • 8月 -$876

5,6,7月と3ヶ月連続でプラス収支で調子に乗っていたのですが、先月(8月)は全くと言っていいほど勝てませんでした。

9月はなんとかプラス収支に戻したいですね。

9月1日のオンカジ収支とBET振り返り

2020/9/1(火)のオンカジ収支、というかライブルーレット収支は +$58.5 でした。

エボリューションのスピードルーレットでの実践です。

ベット方法

ルーレットを実践するときは、毎回、下のようなグラフを出してベットのタイミングをはかっています。↓

右側の出目入力のところに数字を打ち込むと、自動で各種グラフなどが表示される仕組みです(エクセルです)。

このグラフを見ながら、

ここだ!

というタイミングでベットしています。

ベット方法は地雷ベットがメインですが、たまに9点賭けや18点賭けも織り交ぜます。

地雷ベットについては、↓の記事をご覧ください!

参考 ルーレット必勝法② 地雷ベッティング!オンカジ必勝.com

各ベットを振り返る

ベットを1つずつ振り返る、ということを試験的にやってみます(大変そう・・・)。

1回目(ハズレ)

上の出目一覧の矢印↑の部分、28が出たあとに地雷3rdでベットしました。

この一覧の出目も自動で表示されます。で、各出目の下の色(茶色・水色)はなにかと言いますと、「直前出目のとなり9点の範囲に止まったかどうか」です。

ネイバー9点の範囲なら茶色、反対側なら水色です(茶色=地面、水色=空をイメージ ←どうでもいい?)。

28まで茶色が続いています。ということは近くに落ち続けているということ。28の次も近くに来るかな?という考えで地雷BETでしかけました。

ハイナンバーかつ、0に位置的に近い出目が出てくれたらOK!というベットです。

結果はハズレでした。

本来の(というかオリジナルの)地雷なら的中なんですが、少し改造した地雷を使っているのでハズレです。

2回目→3回目(アタリ→ハズレ)

次です。1回目を外して慎重になったせいか、だいぶルックしてからのベットです。

10 ← 34341212 という出目の流れで、10の直後に地雷1stでベットしました。

↑の南北グラフは、0を北極と見立てて0の両隣り9点を「北半分」、それ以外を「南半分」としたグラフです。北の出目が出るとグラフの線は上方向に伸び、南の出目が出るとグラフの線は右方向に伸びていきます。

ベットしたタイミングでは10回ほど北に偏っています。そろそろ南に戻るかな?という考えが浮かぶ場面です。

また、出目の流れ的にもベットチャンスでした。
10 ← 34341212という出目で、同じ数字が2つならぶ流れだったからです。

10が来れば万々歳、それ以外でも10の近くのローナンバーに来ればOK、というベットです。

結果は16でアタリ。

3回目も連チャン(ツラ)を狙って同じく地雷1stで仕掛けましたが、ハズレでした。

4回目→5回目(アタリ→ハズレ)

4回目は地雷3rd(改造版)でベットしてアタリでした。出目の流れだけで判断してます。

直近の出目を見ると、水色が一つ出たあとは茶色が複数回つづいています。その流れが続くなら、32のあとは32の近くに落ちるはずです。

という考えで地雷3rdでしたが的中。5回目は連チャンを狙いましたが、6でハズレです。

6回目(ハズレ)

6回目は地雷1stでしかけましたがハズレでした。

3630 ← 6 のように南(下半分)が続いていて、茶色も続く傾向にあったので、36の近くに来ると読んでのBETでした。

また、南北グラフでも10回のライン(黄色ライン)に弾かれて、そろそろ本格的に南に進むかな?という予想でした(結果的には、その後どんどん北に進んだので読みは大外れでした)。↓

初めて南が3回続いた

7回目(ハズレ)

7回目は、グラフとか関係なしに、これまでの出目のパターンを参考にベットしました。

ディーラー交代後、25が3回出ましたが、その直後の出目は 19、12、19 でぜんぶ0の近くでした。

25の直後は0の近くが出ていた

3回目の25のときに0周りに賭けようかと迷ったのですがスルーして悔しい思いをしたので、4回目の25の直後に0周りでBET。

でも結果は 1 だったのでハズレでした。

8回目 → 9回目(アタリ → ハズレ)

8回目は縦方向の出目が来ると想定して、「0周り9点+5周り9点」にベット。さらに北(上半分)のツラだったので、0周り9点重ね賭けしました。

タテヨコグラフの説明ですが、まずタテ・ヨコとは

  • タテ:0周り9点&5周り9点の計18点
  • ヨコ:それ以外の19点

ということで、グラフはタテの出目で上方向に伸び、ヨコの出目で右方向に伸びていきます。

グラフ上の薄い水色の四角は、10投目・20投目・・・60投目の地点を示しています。

上のタテヨコグラフを見ると、50投目(5番目の水色四角の部分)付近で10回以上ヨコ方向に偏っています。

このディーラーの過去のデータを見ると、タテヨコ方向の偏りは解消されることが多かったので、今回のヨコへの偏りも解消されるはずと考えました。

ディーラー交代まで残り10投ちょっとですから、これからタテが多くなるはず。

ということで、タテ方向へのBETとなりました。

あと、南北グラフを見るとこれまで北にガンガン進んでいたのが少し南に戻っていましたが、また北が3連続していました。

これまでの勢いから考えて、次も北(=上半分)かなと思い、0周り9点を追加してみました。

結果は 0 で的中。一発で$30の利益が出ました!

9回目は、次もタテ方向が来ると考えてタテ18点でベット。でもハズレました。

10回目 → 11回目(アタリ → アタリ)

10回目と11回目はどちらも地雷3rdでベット。0周りのハイナンバーが来れば利益が出るベット法です。

北方向への勢いが凄かった(と感じた)ので、「どうせ上に来るだろう」と考えてそれなら地雷3rdでOK!とベットしました。

結果、上手くいきました。

こんな感じで、今日は少ないベット回数で上手く利益が出せたので満足ですw

「そんなにアタリ出目は出ない、どうせ外れる」と考えた

これまでは、「出目がこうで偏りがこうで投入位置がこうで・・・だから次の出目はこのあたり!」と分析してベットしていました。

「根拠あるベット」です。

うまく当たれば、

やはりな!分析からして当然の結果だ。

と調子に乗り、外れれば

なんでだよ!ツイてない!!

とアツくなる。こんな感じでした。

でも、思ったのです。

「そんなにアタリ出目ってバンバン出ないよね?」

と。

というわけで、「分析してみるとこのあたりに止まるかなぁ、と思うけどそう簡単には・・・」という心積もりでベットするようにしました。

当然、ベット回数も減ります。根拠が無いならもっとアタリ出目は来ないと思うからです。

慎重にベット出来るし、熱くなりにくいし、けっこう良いかもしれません。

まとめ&次回予告

9月の初日はうまく利益が出せました。まじで久しぶりです。と言っても、1日あたり利確ラインの+$100には届いてないんですけどね。。

今月、残りもコツコツやっていきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です