オンカジ実践記18(10月総まとめ) 追金ダメ!絶対!!

なっとーです。こんにちは(こんばんは)。

ちょっとお寒いタイトルですが、オンカジ実践記の18回目。例によって今回も月ごとの実践記でして、2020年10月の総まとめです。

オンカジ実践記のルール
  • ライブルーレットだけやる
  • BETは$0.5単位が基本
  • 単位上げて適宜追い上げる
  • 利確:+$100 損切り:-$150(1日あたり)

前回までのオンカジ実践記

2020年4月にオンカジを始めて、月別の収支はつぎのようになっていました。

  • 4月: -$260
  • 5月: +$811
  • 6月: +$1,004
  • 7月: +$511
  • 8月: -$875
  • 9月: +$855

調子よく3ヶ月連続でプラス収支だったのですが、8月に負け越し。

9月はなんとか連敗阻止でプラス収支でフィニッシュできました。

10月はマイナス収支で強制終了!

10月の最終収支は -$207.65 でした!

1日ごとの損益は以下のとおりです。

日付損益累計損益
10/1~7休み
10/8$92.00$92.00
10/9,10休み$92.00
10/11$138.12$230.12
10/12休み$230.12
10/13$80.00$310.12
10/14休み$310.12
10/15-100$210.12
10/16休み$210.12
10/17-$32.00$178.12
10/18$30.73$208.85
10/19休み$208.85
10/20$60.50$269.35
10/21$63.00$332.35
10/22-$540.00-$207.65
10/23~31謹慎期間-$207.65

グラフにするとこんな感じです。↓

10月上旬は仕事とプライベートがメチャクチャだったので、実践できませんでした。

再開以降は結構順調に利益を積み重ねていって、+$300 ちょっとの利益になってました。

途中、カジ旅とラッキーニッキーでボーナスハント狙いましたが、2つとも失敗。この損失 -$350 をカバーして利益が乗っていたので、ルーレット実践の調子自体はけっこう良かったのです。

がしかし、10/22の -$540 ですべて台無し。

1日の損切り額を決めて資金管理もこれまでうまくいっていたのですが、この日はダメでした。

ルールを破ってしまったので、謹慎処分として10月の残りは自粛期間にしました。つまり強制終了です。

1日に追い金を2回して全部飛ばした

10月は$90入金して、地雷ベット(1単位=$6)で5回目まで追い上げるやり方で実践していました。

$6 → $12 → $18 → $24 → $30

という感じです。

この日は、5回目まで追い込まれるも最後にHITして、プラ転していました。↓

ここで利確するか、一旦仕切り直せばよかったのですが、続行。

そして$90ポピン(残高ゼロ)。

悔しいから、$180入金して取り返そうとする。

ポピン

悔しすぎるから、ビーナスポイントにある残高ほぼ全て($270)を追い金。

ポピン。

-$540 も負けた。。 1日でこんなに負けたの初めてなんだけど。。

この2日くらい前に、$90負けたあとに$180追い金して$300くらい勝ったんです。

その「成功」体験が、判断を甘くしていたのだと思います。

追い金してベット額上げて勝負して勝てば、取り返せる。

負けたときのことなんか頭にありません。

だから、「-$540?冗談でしょ」という感じで現実が受け入れられませんでしたw

でも現実に負けました。

資金を溶かさないための仕組みづくり

オンカジを始めて2ヶ月目から、資金管理のための仕組みを教えてもらい実践していました。

その仕組みとは

  • クレカ入金はしない
  • デビットカード入金とウォレット入金のみに限定する
  • 勝ったらすぐにウォレットに出金
  • ウォレットには1回分の損切り額だけ残し、あとは全て銀行口座に出金
  • 出金先の銀行口座とデビットカードの銀行口座は別口座にする
  • デビットカードの1日限度額を設定する

というものです。

こちらの動画で詳しく解説されています。↓

10月は、「勝ったらウォレットに出金」は必ず実践していたのですが、「ウォレットから銀行口座に出金」を怠っていました。

ウォレットからオンカジへの入金は1分もかからず出来るので、ウォレット残高は実質オンカジの資金残高みたいなものです。

ウォレットから抜いておかないと、かんたんに追い金しちゃいます。

オレのメンタルはけっこう強い。追い金なんてバカなことしない。

とか思ってたんですが、全然ダメでした。アツくなったら突っ込んじゃいますwww

たぶん、僕みたいな人多いですよね?

なので、メンタルに左右されにくい仕組みづくりを優先してやるのがベストだと思います。

損切りが出来るマインドづくり

どんなにガチガチに資金管理の仕組みを作っても、破ろうと思えば破れちゃいます。

だから、メンタルが最終防衛ラインになります。

「損切り」に対して負のイメージを持つんじゃなくて、「仕切り直し」としてポジティブに捉えるのが大切だと某先輩が言ってました。

ほんとその通りだと思います。

傷を負ったら、一旦引いて冷静になり、態勢を整えて再トライする。

負け戦で、残りの兵がわずかになって突撃しても大敗するだけです。

「やばい、撤退じゃー!!」と自分の陣地に引いて、機を狙ってもう一回戦いに挑む。

損切りをこんな感じのイメージで捉え直すことにします。

「合戦で一方的にやられているのに、そのまま戦わせて全滅させる将軍」← これが損切りできない人。

「戦況が不利と判断したら撤退してチャンスを待ち、再戦して最終的には勝つ将軍」← これが損切りが出来る常勝の人たち。

敗軍の将にならないように気を付けていきます。

戦の最中に「このままだとやばい!」と思ったら、即撤退。これを意識していきます。

損切りについては、↓の記事がとても勉強になります。

参考 【オンラインカジノ専用損切り】の仕方オンラインカジノCaptur

まとめ

「追い金ダメ!絶対!」

と書きましたが、損切り1回分くらいの追い金なら許容しようと思ってます。

あんまりガチガチのルールだと逆に破りたくなるので。。

そこはバランスですね。勝機がある!と感じるのなら、やる。今日はダメだ、と感じるのならやらない。

そんな感じにします。ただ、ウォレットに必要以上の残高を残すことだけはしません。デビットカードの利用限度額も損切り1回分に設定します。

また切り替えて頑張っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です