【ルーレット攻略】出目出現の規則性を根拠にベット【オンカジ実践記20】

どうも、こんばちわ。なっとーです。

ライブルーレットの実践記20回目です。今回は2020年11月4日分の実践記となります。

オンカジ実践記のルール
  • ライブルーレットだけやる
  • BETは$0.5単位が基本
  • 単位上げて適宜追い上げる
  • 利確:+$100 損切り:-$150(1日あたり)

これまでのオンカジ実践記

前日までの11月の損益は、+$67 です。

日付損益累計損益
11/1休み
11/2-$9.00-$9.00
11/3$76.00$67.00

本日の結果

本日11月4日の実践結果は、+$156.50 でした!これで今月は +$223.5 です。

スタートからガッツリ減らされて、そこからコツコツと戻し、最後はアクシデントもあって一気にプラ転したので即逃げしました。

本日のベット振り返り

数あるダメベットは置いておいて(笑)、根拠があってしかもうまくいったベットを記録しておきます。

今回はディーラー別にいきます。ぜんぶエボリューションのスピードルーレットです。

AMIE

グラフ

出目移動の偏りを根拠にベット

グラフを見ると、出目移動ハイライト表示の部分で薄茶色が頻出でした。

前回出目から、時計回りに1個~9個移動したときに薄茶色になります。

たとえば前回出目が4のときは、21 2 25 17 34 6 27 13 36 のどれかに止まると薄茶色になります。

序盤でこの傾向に気づいて、薄茶色の9点に賭けていけば結構かんたんに利益が乗ったはずです。ただ、僕はうまく出来ませんでした(少しは取れたけど)。

32 ← 23 の半オカルトを根拠にベット

明るくなっている部分の出目を見てください。

まず、3223 ← 22 ← 5 という出目の流れがありました。

僕の経験上「23 の次に 32 が来やすい」と思っていたのですが、先日スピードルーレット10万投の出目分析の結果、たしかにその通りだと判明しました。

23 の次に 32 が来る確率は 3.17% で、理論値の2.70%よりもかなり高いです。

ということもあり、「次に 23 が来たら 32 に賭けよう」と思っていたところ、再び 23 が出現。

しかも、出目の移動の仕方が前回のときとかなり似ていました。

前回は 23 ← 22 ← 5 で、今回は 23 ← 28 ← 10 。真下 → 左上 → 23 という出目移動です。

「これは!」と思って地雷3rdを設置。結果は 32 でHITでした。理想を言えば、32に1点賭けでベット額を増やしても良かったです。

右上ゾーン ↔ 右下ゾーン のテレコ

最後に現れた出目移動のパターンは、右上ゾーンと右下ゾーンが交互にくる(テレコ)パターンです。

17 ← 30 ← 2 ← 36 ← 4 の一連の出目(上の出目一覧で明るくなっている部分)です。

この規則性に気付けば、2 が来たときにベットしてアタリ。テレコが続くツラに乗って次も掛ければ 17 で2連続HITです。

さらに言えば、赤黒もテレコになっているのでそこも取れたかもです。

AGATA

グラフ

4ゾーンも出目移動も連続しにくく、出目がバラバラな傾向でした。

ただその分だけ(?)、地雷HIT出目が定期的に出るので狙いやすかったです(賭けられたとは言ってない)。

ただし、連続しては来ないので、タイミングを見計らう必要があります。

IGORS

グラフ

4ゾーンと出目移動のハイライト表示は、かなり連続しやすいことが一見してわかります。特に4ゾーンは顕著ですよね。↓

こういうときは、無理に地雷ベットとか使わず、4ゾーンの9点賭けとかでコツコツ取っていけば良いんだと思います(僕は取れませんでした。。)。

GLENDA

グラフ

テレコ出目

上のハイライト部分の出目を見てください。

19 ← 5 ← 19 と、テレコになっています。こういうとき、ディーラーによっては5 を狙ってきます。5 が来れば、5 ← 19 ← 5 ← 19 となって、凄いからです(語彙力)。

ということで、このタイミングで5とその近辺にベットしました。結果は24でHIT。

惜しくも 5 の隣りでしたが、まだ「0周り ↔ 5周り」というテレコは途切れていません。

ということで次は0周りにベット。

こんな感じで、出目のテレコも狙うようにしています。

0周りが連続する傾向を根拠にベット

まず、序盤に 26 ← 26 ← 0 という0近辺が連続する出目がありました。ここはヒヨってBETできなかったのですが、すぐに同様の流れがやってきました。

35 ← 26 という2連続の場面です。

ここは0周り続く可能性が高いと判断して、地雷3rdと 26 のネイバー9点を$0.5チップで賭けました。

と思ったら、その前に5ドル1点賭けした際に$5チップに切り替えていたことを忘れていて、$5 × 9点 でベットしてしまう凡ミス。

結果は 26 でHIT。結果オーライで思わぬ大きな利益になりました。

ベット額はともかく、こんな感じで出目が狭いエリアで続く傾向があるときは、積極的に強ベットすると利益が伸びやすいですよね。

本日の反省点

ネイバーベットする際には、チップの種類を良く確認する。

ディーラーごとに、さらに回ごとに、臨機応変に立ち回る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です