【ライブルーレット攻略】出目移動のツラに乗る【オンカジ実践記24】

お疲れ様です!なっとーです!

3日前の実践で今月の利益をほぼすべて溶かしてしまいましたが、まだまだコッカラッス!

ということで、オンカジ実践記24回目。2020年11月11日(ポッキーの日)の実践記です。

オンカジ実践記のルール
  • ライブルーレットだけやる
  • BETは$0.5単位が基本
  • 単位上げて適宜追い上げる
  • 利確:+$100 損切り:-$150(1日あたり)

これまでのオンカジ実践記

9日の実践でまた追い金してしまい、-$400 近くの損失を出してしまいました。

反省してこれからまた頑張ります。資金管理気をつけます。

日付損益累計損益
11/1休み
11/2-$9.00-$9.00
11/3$76.00$67.00
11/4$156.50$223.50
11/5$182.50$406.00
11/6$34.00$440.00
11/7休み$440.00
11/8休み$440.00
11/9-$384$56.00

【前回のオンカジ実践記】

本日の実践結果

今日の結果は +$46 でした。これで今月ここまでの損益は +$102 となりました。

本日のベット振り返り

今日の実践のベットを振り返ります。

地雷ベット封印

前回の実践では、地雷ベットが超絶に雑だったので、封印しましたw

お気に入りベットの登録から削除して、原則として使わない方針です。

例外的に、コツコツベットで利益出たとか「浮いた状態」になってさらに利益を伸ばしたい場面に限り、使います。その都度登録します。

9点賭け&18点賭けでコツコツ

地雷ベットの代わりに、9点賭け($4.5)や18点賭け($9.0)をメインにしました。

9点賭けは適宜追い上げ。18点賭けは完全フラットベットです。

どの9点(18点)に賭けるかは、その時々で臨機応変に決めていきます。基本的にネイバーベットを使います。

グラフ

本日の実践はスピードルーレット、ディーラーはRAULS(♂)とPATRICIJA(♀)でした。

RAULS

PATRICIJA

18点賭けでツラ乗り成功

1人目のディーラー(RAULS)のときは9点賭けメインで仕掛けましたが、あまりうまくいかず。

10,000円スタートで8,650円までジリ下げしてしまいました( -1,350円

2人目のPATRICIJAの序盤も9点賭けでベットしましたが、全く噛み合わず。

ルックしていると、攻めやすいグラフを発見。

出目移動の「+-グラフ」です。

ボールが反時計回り(ウィールが右回転)だとして、前回出目よりも前に進んだら(もしくは同じなら)プラス。後に戻ったらマイナスというグラフです。

例えば前回出目が0なら、0 ~ 5 に止まったら「+」で、32 ~ 10 に止まったら「-」ということです。

グラフを見る、同一方向が続きやすいことがわかります。グラフはギザギザではなく直線部分が目に付きます。

これに気づいたので、プラスorマイナスの18点ベットを仕掛けて、当たる限り続けてベットする「ツラ乗り」を狙いました。

結果、マイナスのツラに乗れて6連勝。7回目が外れて終了なので、ここだけで+4,500円になりました。

もう一度乗れないかルックしていましたが、+-グラフに関しては終盤に傾向が変わってしまい、ベットできませんでした。

逆にタテヨコグラフでは、ツラが出ていました(乗れず)。↓

本日の反省点

コツコツスタイルは良かったですし、出目移動パターンのツラに乗れたのも良かったです。

ただ、フラットベットだけでなく3回パーレーくらいはしても良かったかなと思います。

あと、終盤のタテヨコグラフのツラに乗れなかったのも反省点です。

「タテヨコ?なにそれ」というモヤモヤは、グラフの紹介ページを見ると解消されると思います。

よろしければチェックしてみてください。↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です