【ライブルーレット攻略】ホットナンバーを狙い撃ちしよう【オンカジ実践記27】

今日から12月のオンカジ実践記です。27回目は2020年12月1日のライブルーレット実践分です。

オンカジ実践記のルール
  • ライブルーレットだけやる
  • BETは$0.5単位が基本。
  • 単位上げて適宜追い上げる
  • 利確:+$100 損切り:-$150(1日あたり)

前回までのオンカジ実践記

11月は久しぶりに +$1,000 超えの利益になりました(+$1,103)。

12月もこの勢いのまま行きたいところです。

ただ、7月+$511 → 8月-$875 → 9月+$855 → 10月-$208 → 11月+$1,103 とテレコになってるので、ツラが続くと12月はマイナスです。

なんとかこのオカルトの呪縛から逃れたいので、慎重かつ大胆に実践頑張ります!

本日の実践結果

月初めの12/1の結果は、+$184.38 でした。幸先の良いスタートです!

普段は10BETかレオベガスでやるのですが、カジノシークレットから$100のマッチボーナスが貰えたのでシークレットで実践しました。

出金するには「入金額×5倍+ボーナス額」のベット条件がありますが、他のボーナスに比べたらかなり緩いです。今回は$350ベットすればOKでした。

本日のベット振り返り

ディーラー3人と対戦したのですが、正直あまり覚えてませんw

この点については、さいごに反省点として書きたいと思います。

かろうじて記憶に残っている3人目のディーラー(PATRICIJA)だけ振り返ります。

グラフ

ホットナンバー少数点賭けがHIT

地雷出目は少なかったですし、タテヨコ・南北・東西のグラフも読みやすいとは言えない感じでした。

ただ、特定の出目がガンガン出ていたので、そこを利用して利益が出せました。

具体的には、3,12,14,16 の赤ローの出目が頻出でした。一番多かったもので6回。30分で6回ですから、かなりの偏りです。

エボハッカー 上では、そのディーラーのホットナンバーは上のように表示されます。2回以上きた出目が表示され、3回以上きた出目は塗りつぶし&白抜き文字で強調されるようになっています。

これを見れば、ホットナンバーは一目瞭然です。

序盤に赤ローが続く傾向が強かったのですが、そこでは手を出せず。。。

中盤から少数点賭けで仕掛けましたが、タイミングが合わずHITできませんでした。

しかし最後に数発決まってくれて、なんとかプラスで勝ち逃げできました。

同じ出目が多く出る場合、その勢いに乗って少数点賭けで攻めるとうまく利益が伸ばせます。

上手く行かなくても、損失もそこまで大きくありません。単位上げて追い上げたりしないで、ピンポイントでチャンスだと思うタイミングだけやれば、けっこういいベット手法だと思います。

最近はこんな感じで、3rd地雷に頼らないでも利益がなんとか出せることが多くなりました。

この調子でいきたいです。

「ベット内容・根拠を忘れちゃう」問題

たぶん僕の脳ミソその問題なんですが、普通の人が覚えていられることが覚えられないです。

このスペックのせいで、会社勤めのときはマジで苦労しました。

上司
上司

なっとー君、こないだの件やっておいてくれた?

なっとー
なっとー

え?なんでしたっけ?

・・・

みたいな。

あとは、ゴルフをプレーしていても前のホールの内容もすぐ忘れます。麻雀の捨て牌とか前の局とかも覚えられません。

同じように、ルーレットの実践についても時間が立つとすぐに忘れてしまいます。半日経つとたいてい忘れます。

思い出すときはグラフを見ながら、ベット履歴と照らし合わせるのですが、これにも限界があります。

ということで思いついたのが、録音です。

本当は録画しようかと思ったのですが、PCのスペック的に録画しながらだと処理落ちするので断念しました。

ベットの根拠や今の状況とかをブツブツつぶやきながら実践して、それをスマホで録音しておくという段取りです。

録音した自分の音声を聞けば、ベットの根拠とかも思い出せるはずです。

というわけで、次回の実践からさっそく取り入れてみたいと思います。

次回予告

コミュニティ(オンカジ必勝倶楽部)のメンバーさんが、ボーナスハントだけで月1,000ドル以上稼いでいるのを見ました。

うらやましいです。僕もやりたいです。

ということで、ルーレット実践とボーナス活用を並行してやっていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です