【ライブルーレット攻略】ツラと偏りをひたすら追いかける

めちゃくちゃ久しぶりの投稿になって、自己嫌悪が半端ないです。

どうも、なっとーと申します❗️

このページでは、ライブルーレットの攻略手法というかベットの考え方を書いています。

実例をもとに、私の賭け方をご紹介していきます。

オンカじぃ
オンカじぃ

勝ったときだけ記事書くのやめんしゃい

実際の出目履歴

今日(2022/02/09)の夕方に賭けリン(旧10BET、現賭けっこリンリン)でプレーしました。

テーブルはエボリューション・ゲーミングのスピードルーレットです。

出目履歴は以下の通りでした。

テーブルにINしたときの直近の出目履歴はこうなってました。

16 ← 35 ← 31 ← 239 ← 20 ← 15 ← 24 ← 1312

この出目履歴を見て、何かツラや偏りは見つかるでしょうか??
10秒あげますので、考えてみてください。
先生待ってますから。

オンカじぃ
オンカじぃ

唐突な先生気取り、激ウザじゃぞ・・

・・・はい。そうですね。正解です。
ウィール左半分の出目がめっちゃ多いですよね。

出目をウィール上にマークするとこんな感じになります。

ウィール左半分に偏ってます。

もっと言うと、ウィール左下の出目が多いですね。

左下に偏ってるのは、いま気付きました 😅

オンカじぃ
オンカじぃ

「😅」じゃないわぃ・・。

実際のベット振り返り

上で書きましたように「ウィール左半分に偏ってる!」と最初に気づいたので、まずはウィール左半分を軸にベットする方針をとりました。

あ、私はテーブルに入ったらいつも、まず直近12投~20投くらいの出目履歴を

偏りハッカー

に入力して、ツラや偏りがどんな状況なのか?をチェックしています。

オンカじぃ
オンカじぃ

あからさまな宣伝じゃのぉ・・

偏りハッカーの表示はこんな感じです。

ウィール上の出目の偏りが、ひと目で視覚的に分かると思います。

また、右下のベットテーブル表示を見ると、直近6投では2ndダズンと3rdダズンに偏っていることも分かります。

補足
赤黒で塗りつぶされて白抜き文字になっている出目が、直近6投です。一方、背景色が無い出目はそれ以前の6投です。

1ベット目

ここからは、本日のベットを一つ一つ振り返ってみたいと思います。

初手ですが、やはりウィール左半分18点(26 ~ 5)に賭けようと思い、ベットしようとしたんですが

直前に 16 が来ていたので、赤10番台の5点にまずベットしました。

12, 14, 16, 18, 19 の5点に$1ベットです。

それに左半分18点を重ね賭けしようと思ったのですが、ベット締め切りに間に合わず・・。

スピードルーレット、ペースめちゃくちゃ早いですよね😓

結果は12で運良くHIT。幸先の良いスタートでした。

助手ペン
助手ペン

赤10番台のツラ追いベットについては、こちらの記事をご覧ください。

参考 【ライブルーレット】赤10番台のツラで一撃爆益を狙おう!オンカジ必勝.com

2ベット目

ルーレットツール「偏りハッカー」スクショ-12

ベット直前の偏りハッカーの表示です。

ウィール左半分のツラは継続。しかも赤ローが続いたので、ツラ狙いで

ウィール左半分18点 + 赤ロー9点 + 赤10番台5点

の厚張りをしようと思ったのですが、赤ロー9点は間に合わずベットできませんでした。

結果は、9 で赤ロー3連続。間に合っていれば・・😣

※ 上の方が見切れています

3ベット目

ルーレットツール「偏りハッカー」スクショ-9
直前の偏りハッカー表示

赤ローのツラが出ているので、それに乗っかります。

リピートベットに今度こそ赤ロー9点を重ね賭けしました。

結果は・・24 😑

HITしたものの、マイナスです。

隣の16なら爆益、5でも結構な利益だったのに・・。

4ベット目

ベット直前の偏りハッカー表示

「隣ぃぃぃ😱」

という出目が来たときはルックしたほうが安全です(経験上)。

ということでルックすると、24 の次に 25 が来て、ウィール左半分のツラが切れました。

ツラが切れたので、とりあえずまたルック。次は 10

この時点で偏りハッカーを見ると、「510偏り」「③偏り」の表示に気付きました。

この部分です。

「510」「③」というのは、それぞれ次のような出目のことです。

  • 【510周り】5 10 とその両隣の4点(計10点)
    1, 33, 16, 24, 5, 10, 23, 8, 30, 11
  • 【③ゾーン】ウィール左下の9点
    9, 31, 14, 20, 1, 33, 16, 24, 5
MEMO①

ゾーン①・②・③・④は、0を除く出目をウィール上の位置で4分割したものです。

MEMO②

偏りの判定は、「過去6投中、3回以上出現」のように設定することが出来ます。

脱線しました。ベット振り返りに戻ります。

ウィール表示を見ても、ウィール左下エリアに偏っているのが確認できたので

ウィール左下9点 + 10

にベット($0.5チップ)。様子見なのでベット額は落としました。

結果は、6

オンカじぃ
オンカじぃ

全然ちがうとこ止まったのぅw

5ベット目

ベット直前の偏りハッカー表示

偏りハッカーのウィール表示を見ると、直近6投(白抜き文字のところ)は結構バラバラ。

それでも・・

  • ウィール下半分に偏っている。
  • 510周りも結構来ている。
  • 6 ← 10 と黒ローが続いた。
  • 1桁が続いてくれたら嬉しい。

のように偏りを分析しました。

オンカじぃ
オンカじぃ

さいごのはお前の願望じゃろが・・

ということで、

黒ロー9点 + 1桁9点 + 地雷ベット(1st)

で厚張り!

結果は 10 で、まあまあの利益が出ました 😍


助手ペン
助手ペン

「地雷ベット」とは、いわゆるフラワーベットの応用バージョンのことです。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

参考 ルーレット必勝法② 地雷ベッティング!オンカジ必勝.com

6ベット目

ベット直前の偏りハッカー表示

偏りハッカーを見ると、

  • 下偏り(下半分偏り)
  • 510偏り
  • ②偏り(ウィール右下9点)
  • トマトチャンス

のアラート表示が確認できました。

あ、トマトチャンスはいま初めて気付きましたねw

オンカじぃ
オンカじぃ

「あ、」じゃないわぃ・・

MEMO

トマトチャンスというのは、
6 ← 10 ← 6 のように出目履歴が「トマト」の順番になっているときのことです。

次に10を狙ってくるのでは!?という予測をしたりします。
応用バージョンとして「しんぶんし」もあります。

トマトチャンスには気づいてなかったので、リピートベットしました。

結果は・・

9 で、ハズレ 😭

と思いきや、1桁9点を賭けてたのでちょいプラスでした。ラッキー 😉

7ベット目

ルーレットツール「偏りハッカー」スクショ-9b
ベット直前の偏りハッカー表示

依然として510偏りなので、リピートベットしました。

しかも、9 ← 10 と階段出目リーチなので、ディーラーが次に 8 を狙ってくることも期待できます。

8 が来たら爆益ですが、結果は・・・

19 でまったく反対。逆サイドに行っちゃいました 😩

9ベット目

偏りハッカーを見ると、ウィール上には偏りがあまり見えてきません。

「②偏り」「右偏り」「赤10偏り」とアラート表示が出ているものの、いまいちピンと来ませんでした。

出目自体を見ると、

199

と続いたので、

次は 29ですね、分かります。

というノリで、29周りにベットしました。結果は・・・

11 で真逆でした😑

偏りハッカーの「②偏り」のとおり、ウィール右下に賭けておけば良かった!と後悔 😔

10ベット目

ベット直前の偏りハッカー表示

つぎは、

  • ②偏り(ウィール右下)
  • 510偏り
  • 1stダズン・2ndダズンに偏り

と分析したので、

黒ロー9点 + ウィール右下9点 + 地雷ベット(1st)

と賭けました。結果は・・・

13 で最高配当出目でした😊

11ベット目

上のように ウィール右下にめっちゃ偏っているので、前回のベットのリピートに加えて「510周り10点」も追加してベット。

結果は・・・

34 😩

1つ隣の 6 ならHITでしたが、残念。

12ベット目

ベット直前の偏りハッカー表示

前回は 34 で惜しくもハズレでしたが、ウィール右下に偏ってるのは変わりません。

ということで、リピートベットです。

結果は・・・

24 でちょいプラス(510周りにもベットしているので)

この時点で入金分の等倍ベットは完了したので、ここでヤメにしました。

最終結果は +$100強でした。

総括

以上、今回のベット振り返りでした。

ここ最近は、こんな感じで「偏りハッカー」を使って

ツラ・偏りのある方に賭け続ける

というスタンスでやっています。

偏りハッカー、ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。