新ツール【偏りハッカー】リリース!

仮想通貨(BTC)を持っていない人が仮想通貨でstakeカジノに入金する超簡単な方法

どうも!なっとーです。

stakeカジノにBTCなどの仮想通貨で入金するためには、仮想通貨を用意しないといけません。そのためには仮想通貨が必要になります。

オンカじぃ
オンカじぃ

いきなり小泉進次郎構文っぽいやつやめろ…。

でも、仮想通貨(暗号資産)を触ったことがないと、「仮想通貨準備してね」って言われてもちょっと厳しいですよね。

  • そもそも仮想通貨が何なのかイマイチ分かってない。
  • 取引所的なところでGETするらしいけど、やり方がムズそう。
  • 仮想とか暗号とか、字面がなんだか怖い。
  • とにかく触りたくない。

という感じで。

しかし、これまで仮想通貨に一切関わったことがなくても、stakeに仮想通貨で入金する方法があります。

めっちゃ簡単です。

stake に入金する場面だけではなく、仮想通貨が必要になった時にはいつでも便利な方法です!

(上記画像ライセンス 著作者:macrovector/出典:Freepik)

賭けっ子リンリンに入金 → stake へ出金

賭けっ子リンリン(旧10BET)は、出金が爆速なことで有名な老舗オンカジサイトです。

この賭けっ子リンリン、出金の早さ以外にも大きなメリットが2つあります。

それは、

入金手段と出金手段がバラバラでもOK

ライブルーレットの多点賭けがOK

という2点です。

VegaWallet 入金し、仮想通貨で出金

ほとんどのオンカジサイトは、出金する際は入金手段と同じじゃないとダメです。

例えば、VegaWallet で入金したらVegaWallet へ出金しないといけません。

でも賭けっ子リンリンでは、入出金の手段が別々でも出金してくれるのです。

つまり

  • VegaWallet → ecoPayz
  • ecoPayz → VegaWallet
  • VegaWallet → 仮想通貨
  • ecoPayz → 仮想通貨

がOKということ。

これを利用すれば stake に仮想通貨で入金できる!というわけです。

助手ペン
助手ペン

ここから、具体的な手順について解説していきます。

手順① 賭けっ子リンリンに入金する

賭けっ子リンリンにまだ登録されていない方は、まず登録してください。

(あまり大きな声では言えませんが、初回入金ボーナスなどは条件が全然美味しくないのでスルーでOKです。)

さて、賭けリンにログインしたら、普通にいつも通りの方法で入金します。

今回はVegaWallet で入金してみました。

手順② 等倍以上をベットする

つぎに、出金条件である等倍ベットをクリアします。

例えば$100入金した場合は、$100以上をベットすればOKです。

これで出金できます。

ここで等倍ベットを何のゲームでやるか?ですが、やはりライブカジノがおすすめです。

スロットだと大抵の場合は損失で終わってしまいますので。

そしてライブカジノで等倍ベットをクリアする場合でも、あくまでも利益は狙わずに「プラマイゼロでOK」という心持ちでプレーするのが吉です。

賭けリンの場合、ライブルーレットの多点賭けが認められています。

半分ベット(18点賭け)はもちろん、27点賭け以上も普通にOKです。

私の知り合いの賭けリンヘビーユーザーには、35点賭けや36点賭け(笑)を使って等倍ベットしている猛者もいます。

あまりやり過ぎると怒られるかもしれないので、ちょうどいい具合に多点賭けを使って、低リスクで等倍ベットをクリアしてください。

手順③ 仮想通貨でstakeのウォレットに出金する

出金する際は、まず画面右上の人型マークを選択します。

つぎに出てくる画面のなかから「出金」を選択。

左側の出金方法一覧の中から「10COINS」を選んでから、仮想通貨での出金に必要な情報を入力していきます。

このときはBTCが使えないみたいでしたので、「ウォレットの通貨」はLTC(ライトコイン)を選択しました。

特にこだわりがなければ、BTCやLTC、ETHあたりが無難です。

つぎに「受取人のウォレットの住所」ですが、ここには stake のウォレットのアドレスをコピペで入力します。

今回は LTC で送金してもらいますので、LTCのアドレスをコピペすればOKです。

オンカじぃ
オンカじぃ

ちょっと待つんじゃ。置いてきぼりじゃ。

順番に説明します。

まずはstake にログインして、ウォレットを選択。

入出金のウォレット画面が出てきます。

入金のタブを表示させた状態(=最初の状態)で、∨ の部分を押して仮想通貨の種類一覧の中から「LTC」を選択します。

すると「LTCの入金アドレス」という長い文字列が表示されます。これをコピーします。

コピーは、文字列の右横にあるマークを押すと簡単にできます。

これで、LTCのアドレス(住所)がコピーできました。

あとは賭けリンに戻って貼り付けるだけです。

賭けリンの元の画面に戻って、stake でコピーしてきたLTCアドレスを貼り付けます。

ここまで出来たら、「金額」「通貨種類」「ウォレットの住所」にちゃんと入力できていることを再度確認してから、「払い戻し」ボタンを押せばOK。

あとは stake に着金するのを待つだけです。

オンカじぃ
オンカじぃ

残高、さっきは$123だったのに今のは$345になってるのぅ。

おかしいのぅ。

等倍ベットに少し足らずに出金エラーになって、イラッとして全部溶かしてしまい・・・。

その後追い金して、ライブルーレットでギリギリ取り返したのです。。。

「等倍ベットだけサクッとこなして・・・」と軽い気持ちで始めちゃうと、ホント良くないです。

「ちょっとマイナスでもOK」「とにかく等倍賭ける」という固い意志を持ってスタートしてください(自戒)。

数時間~半日くらい気長に待っていると、無事着金しました。

$100を送って、着金したLTCは$98弱でした。

これは、若干の手数料がかかっているのと、LTCのレート変動も関係していると思います。

必要な額よりも多めに送金しておくと安心です。

ちなみに、賭けリンの残高$345のうち$100はLTCでstakeに送り、残りの$245はVegaWallet に出金しました。

こういうことも全然OKですので、賭けリンは本当に使い勝手がよろしいです。

まとめ

以上、賭けリンを利用した仮想通貨GETの方法でした。

今回は「VegaWallet → 仮想通貨」の方向でしたが、逆も普通にできます。

つまり、仮想通貨を換金したいときは同じ方法が使えます。

ただ、目減りするリスクや精神状態によっては全損するリスクもありますので、要注意です。

そして賭けリン、普通に使う分にも非常に優秀なオンカジです。

出金が爆速でストレスフリーですし、定期的にスポーツベットなどのボーナスがもらえたりします。

入金系ボーナスは基本スルーでOKです。← しつこい)